2017年04月05日

2014 Armand Rousseau 2104 アルマン・ルソー (^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。

流石ハリルジャパンタイを4‐0で完封

先週のワタクシの予想通り、侍ジャパンの仇討ちをしてくれました!(←だから種目と対戦国が
違うって!)このままロシアまで突っ走って欲しいモノです

さて、今週のワインです!

170329_144430.jpg
2014 Armand Rousseau
  2104 アルマン・ルソー 

くぅ〜来ました!ルソー14年プリムール!今回は、

Chambertain  シャンベルタン
Gevrey Chambertin Cazetieres 
               ジュヴレイ・シャンベルタン カゼティエール
Gevrey Chambertin  ジュヴレイ・シャンベルタン
Clos de la Roche  クロ・ド・ラ・ロッシュ 

の4種類です。中央左のシャンベルタンは流石、王者の佇まいですね〜威厳があります。右のクロ・ド・
ラ・ロッシュのみお隣のモレ・サン・ドゥニ村になります。ルソーのワインの特徴としまして、比較的
淡い色調が挙げられます。強い抽出を行わないんですね。現当主エリック・ルソー曰く「強い抽出は
テロワールの表現を損なう」と。また早摘みで知られるルソーですが、「ブドウが良く熟していること。
熟し過ぎはいけない。ワインから飲み手が得る喜びは香りと味で、色は二の次。したがって香りと味が
ピークの時に摘み取ることが重要」だそうです。何やら哲学的ですよね〜淡い色調と言っても、味わい
やタンニンはしっかりノってますので、まだまだ飲めません(T T)しばらくの辛抱です。

飲み頃のルソーもア・ニュにはございますので、ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする