2017年08月27日

明日から夏休みをいただきます!

こんにちは!
また暑さが戻ってきた数日でしたが
皆様いかがお過ごしでしょうか?

エントランス2.jpg

ア・ニュは本日が夏休み前、最後の営業日となりまして
明日8/28(月)〜9/5(火)まで夏季休業とさせていただきます。
9/6(水)ディナータイムより営業スタートとなります。

スタッフそれぞれにこの夏休み期間でおおいにリフレッシュして
9月からは更にパワーアップして皆様をお迎えできればと思います!

皆様には、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんが
何卒、ご理解の程よろしくお願いいたします。


▼休暇中もインターネットでのご予約は24時間受付中▼


☎03-5422-8851(ア・ニュ ルトゥルヴェ・ヴー)

http://www.restaurant-anu.com
※WEB予約24時間受付中

InstagramやFBも更新中♪


【アニュ&ロムデュタン】スタッフ募集中!
http://restaurant-anu.seesaa.net/article/450306134.html

★Facebookページ
https://www.facebook.com/150287055027999/

★Instagram
https://www.instagram.com/restaurant_anu/


posted by staff at 15:05| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

83 Ch.Mouton Rothschild 83 シャトー・ムートン・ロートシルト(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。毎日梅雨のような天気ですが、いかがお過ごしですか?
お盆休みはどちらかへ、お出かけされましたか?まだまだ夏休みボケされている方、
いらっしゃると思います。ああ、うらやましい!

ででででは、今週のワイン!

170810_105400.jpg
83 Ch.Mouton Rothschild
83 シャトー・ムートン・ロートシルト

ハイ、ムートンですね〜ご存知5大シャトーの1つ、ポイヤック村の1級ワインです。
毎年変わるアートラベル、83年はソール・スタインバーグが手掛けてます。ルーマニア出身の
風刺漫画家、画家で、人間の孤独をテーマとする作品が多かったそう。このエチケットも、
おそらく海岸に独りの人物と、モロ孤独ですね〜ぽつーんみたいなw 味わいは34年も経って
いますので、だいぶタンニンも丸くなり、飲み頃でしょう。2,30年熟成しているワインって
グラスの中でドンドン変化していくのが面白い&楽しいですよね!

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

06 Puligny-Montrachet Pucelle Paul Pernot 06 ピュリニー・モンラシェ ピュセル ポール・ペルノー(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。最近、夏風邪をひいてしまい、よりダンディーな低音ボイス
でサーヴィスしています、スイマセン みなさん、ご自愛下さい。

さて今週のワイン、Here we go!

170810_105422.jpg
06 Puligny-Montrachet Pucelle
Paul Pernot
06 ピュリニー・モンラシェ ピュセル
ポール・ペルノー

はい、何度かご紹介しているポール・ペルノー、皆月が見つけたら必ず仕入れる生産者です!そこ
まで弩メジャーな造り手ではないのですが、クオリティーはバッチリです!リーズナブル
ですしね。そして特筆すべきは、一級畑ピュセル!個人的にはNo.1プルミエクリュ、いえグランクリュと
肩を並べる存在だと思います。ルフレーヴで有名ですが、ペルノーも負けてません!そして
リーズナブル!

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

03 Chambolle-Musigny Les Amoureuses Robert Groffier 03 シャンボール・ミュジニー レ・ザムルーズ ロベール・グロフィエ(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
みなさん、台風大丈夫でしたか?都内では夕方に激しく降ったりやんだりしてましたが、
何とか無事に帰れました。東北地方の方、お気を付けて下さい。

それでは、今週のワイン!

170805_103404.jpg
03 Chambolle-Musigny
Les Amoureuses     Robert Groffier
03 シャンボール・ミュジニー
レ・ザムルーズ        ロベール・グロフィエ

はい、グロフィエの03アムルーズです。何度かご紹介していますね〜ご存知シャンボール・ミュジニー
村には、ボンヌ・マールとミュジニーの二つのグランクリュがあるのですが、アムルーズはミュジニー
の斜面下、ヴージョ村の境にあります。ですので、よくミュジニーに似たキャラクターと言われます。
土壌の母岩がジュラ紀中期のバトニアン期の石灰岩と一緒で、共に表土が薄い為ミネラリーで
エレガントなワインが産まれます。熟成に時間が掛かると言われますが、14年経ってますのでそろ
そろ飲み頃でしょう!

いかがでしょう、アムルーズ?
ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

シェフ便り〜松茸コースはじまりました



こんにちは!シモノです!

ついにブータン産・松茸をふんだんに使った
期間限定コースのご提供がスタートしました!

きょうは、料理写真とともに
一部ですがご紹介させてもらいます!



夏らしい、冷製の手打ちパスタは
松茸とトマトのソースに大葉をちらして
IMG_0202.JPG


キヌアとモンサンミッシェル産ムール貝には
自家製アジアンチョビとズッキーニのスープを
後からかけてお召し上がりいただきます
IMG_0198.JPG
IMG_0199.JPG



*お魚料理*
魚と焼茄子を合わせて蒸してから火を入れ
すりおろしたラディッシュに青柚子と生姜のエクラゼを乗せ、
上からハーブを!まわりにはペリグーソースをかけて。
IMG_0200.JPG


*お肉料理*
石垣牛のローストと内臓の煮込み
この一皿で一本分くらい!【生・素揚げ・焼】
すべての松茸をお楽しみいただけます!
黄色いのはコリンキーという瓜のエクラゼ
万願寺唐辛子のソースを添えて
IMG_0201.JPG

:::::::::::::::::::::

ムニューソロコース

12,500円(税・サービス料10%別)

が松茸づくしのコースになります✨

入荷状況により終了時期が決まりますので、

お問い合わせ下さい。

-----------------------------------------------------
コースに合わせましたペアリングコースもございます。
-----------------------------------------------------
別途サービス料 10%・消費税を頂戴いたします。
入荷状況により、内容が変わる場合がございます。ご了承下さいませ。



☎03-5422-8851(ア・ニュ ルトゥルヴェ・ヴー)

http://www.restaurant-anu.com
※WEB予約24時間受付中

InstagramやFBも更新中♪

皆さまのお越しを心よりお待ちしております✨




【アニュ&ロムデュタン】スタッフ募集中!
http://restaurant-anu.seesaa.net/article/450306134.html

★Facebookページ
https://www.facebook.com/150287055027999/

★Instagram
https://www.instagram.com/restaurant_anu/
posted by staff at 13:02| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

Jacques selosse ジャック・セロス(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。

シャンパーニュ、冷えてます。

え”〜今週のワインです( 汗)

170726_111246.jpg
Jacques selosse
      ジャック・セロス

右より、
Exquise エクスキーズ
Substance シュブスタンス

はい、奇才アンセルム・セロス率いるシャンパーニュ・メゾンですね〜右のエクスキーズは、レストラン
からの要望を受けて造り出したセック(Sec)です。セックとはシャンパーニュのドライ具合を示すもので
やや甘口を指します。ですのでドサージュは他と比べるとやや多め、甘美な味わいです。

左のシュブスタンスの意味は「本質」。ソレラシステムを採用したシャンパーニュで、収穫の翌年、通常
の小樽から4,000Lの大きな木樽に澱と共に移され、次の年には澱を取り除いて4,300Lのステン
レスタンクに移動。そこから毎年、全体の22%をボトリングする為、減った分を大樽から移し、更に
大樽の減少分を小樽から移す、というシステムです。最も古いモノは1984年収穫のワインが入って
いるそう。セロス曰く、味を均一化する為ではなく「ヴィンテージの差を超えたところにテロワール
が見える」。セロスらしいですね〜

真夏の熱い日差しから解放されての、冷えたシャンパーニュで乾杯、最高ですよね!
ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする