2018年03月28日

15 Chambertin Armand Rousseau 15 シャンベルタン アルマン・ルソー(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
都内では桜がイイ感じですね〜 店の近くの明治通りが桜並木になってまして、帰り道に缶ビール
片手に花見をするのが、この季節の習慣となっています。まぁ、違う季節でも飲みながら帰って
いるんですけどね

では、毎年この季節に登場するワインのご紹介です。

IMG_0048.jpg
15 Chambertin Armand Rousseau
15 シャンベルタン アルマン・ルソー

はい、ルソーのシャンベルタンです。流石の風格、王様の佇まいですね〜
よくシャンベルタンは、男性的、硬質なテクスチャーなどと言われますが、ルソーは意外と早摘み、
そして色調はこれまた意外と淡い、と意外だらけです。これは無理に濃いワインを造る意志はなく、
香りと味わいを重視し、過熟を避けるルソーの哲学ですね〜DRCやCh.ペトリュスみたいに、若い
うちに飲むとこれまた意外と素っ気ない、シンプルな味わいですが、熟成を重ねると非常に複雑味が
表れます。グレートヴィンテージと言われるこの2015年が飲み頃になるのは...15、20年後位
でしょうか?果たして、ワタクシは生きているのか?(笑)

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

03 Savigny les Beaune Dominode Bruno Clair 03 サヴィニー・レ・ボーヌ ドミノード ブルーノ・クレール(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
先週の休日に、久しぶりに回らない寿司屋に行って来ました(ランチですが...)おススメの日本酒を
頂いたのですが、相性バッチリ!ワタクシも古い人間なので米とワインを合わせるのに抵抗があり
まして、やっぱり寿司には日本酒だな〜と再確認した皆月です(4合も飲んじゃいました

さて、今週の日本酒 ワイン、行ってみよ〜

IMG_0008.jpg
03 Savigny les Beaune Dominode Bruno Clair
03 サヴィニー・レ・ボーヌ ドミノード ブルーノ・クレール


はい、ブルーノ・クレールです。シャンベルタン・クロ・ド・ベーズや、マルサネのロゼが有名ですね〜
20年前、初めてマルサネ・ロゼを飲んだ時、その美味しさに感動したものです。意外とサヴィニーを
造っていることを知らない方も多いんじゃないでしょうか?サヴィニー・レ・ボーヌはボーヌの北西に
位置し、どちらかというと淡い色調の軽めのフルーティーな赤ワインと、そこまでミネラリーでない
果実味豊かな白ワインを産出します。グランクリュを有してないので、あまり知られていないかも
しれません。
このワイン、ムチャクチャ美味しいんです!何故かといいますと、畑の60%が1902年に植えられ
た古木から出来ているんですね〜ですので樹齢100年オーバー!香り、色調、味わい、全てに果実の
凝縮感がハンパないです!そしてなによりリーズナブル!

そろそろ春の食材が色々出始めて来ています。ホワイトアスパラ、美味しいですよね〜
ご来店お待ちしております(^^)/

posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

Vosne Romanee Clos des Reas Michei Gros ヴォーヌ・ロマネ クロ・デ・レア ミッシェル・グロ(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
先週スマホデビューを書いたら、結構な反響を頂きまして、その大半が
ガラケーだった ? 」という、お言葉でした
まだまだ未熟者ですが、いずれはこのブログもスマホでアップしたいですね〜(未だにPCですぅ )

さてさて、今週のワインです!

IMG_0018.jpg
Vosne Romanee Clos des Reas Michei Gros
ヴォーヌ・ロマネ クロ・デ・レア ミッシェル・グロ


はい、クロ・デ・レア ですね〜グロ家の単独所有(モノポール)となっております。ワタクシのような
古い人間(...)は、父上のジャンの方が馴染みが深いですが、ミッシェルの代になって20年以上
経つのですね〜(遠い目)。グロ家は1830年代から続くヴォーヌ・ロマネを代表するドメーヌ。
クロ・デ・レアはプルミエクリュを代表する至宝です!2000年と2010年、いずれもグレート・
ヴィンテージ。18年、8年熟成、どちらを選ぶかは、貴方のお好みで!

ご来店お待ちしております(^^)/

posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

Jacques Selosse Version Originale ジャック・セロス ヴェルシオン・オリジナル(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
何と、ワタクシ、スマフォデビューをいたしました!
ずっとガラケーを使っていたのですが、ガラケー版のラインアプリが終了してしまうので、今回の
機種変となりました。個人的にはガラケーで十分なんですけどね〜業務連絡をラインで行うので
致し方ありませんでした。操作方法はまだチンプンカンプンのアナログ皆月です

さっ、今週のワイン、Here wa go!

180228_140733.jpg
Jacques Selosse Version Originale
  ジャック・セロス ヴェルシオン・オリジナル

はい、鬼才アンセルム・セロスのヴァージョン・オリジナルですね!ドサージュ(補糖)無しのエクストラ・ブリュットのシャルドネ100%、所謂ブラン・ド・ブランです。勿論ソレラシステムなんて未使用です。
全くの  の状態ですね!なのでオリジナル・ヴァージョン。セロス、分かりやすいですね〜

ご来店お待ちしております(^^)/

posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする