2018年08月15日

04 Richebourg Jean Grivot 04 リシュブール ジャン・グリヴォ (^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
お盆真っ只中ですが、いかがお過ごしですか?帰省中?海外?Uターン中?引きこもり?
あ、それはワタクシですね(笑)暑い日々が続いておりますので、体調管理には十分お気お付け
下さい

それでは、今週のワインです!

IMG_0128.jpg
04 Richebourg Jean Grivot
    04 リシュブール ジャン・グリヴォ

はい、何度かご紹介してます、グリヴォです。特級畑リシュブールは、1984年に先代ジャン・グリヴォ
が手に入れたドメーヌのフラッグシップワインで、所有する僅か0.32ヘクタールの畑は、由緒ある
小区画レ・リシュブールの中央・最上部という優良区画にあり、しかも植えられている葡萄の平均樹齢
は70年以上にもなる古樹(ヴィエイユ・ヴィーニュ)です。 モノポールの畑を除いて、ヴォーヌ・ロマネ
のグラン・クリュの中でも最上級の畑と称えられるリシュブールの、パワフルかつ複雑なテロワールを
存分に表現しています。以前にも書きましたが、87〜91年のアッカドの暗黒期(と言っていいでしょう)
を経て、新たな魅力を発揮したグリヴォ。04はオフ・ヴィンテージですが、それこそドメーヌの底力が
顕著に出るワインですね!

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

05 Chambertin Rossignol Trapet 05 シャンベルタン ロシニョール・トラペ (^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
毎日暑いですね〜夏バテしてませんか?ワタクシは持病があり、すぐ体温が上がってしまうんです
(真冬でも)。ですので、毎日滝のような汗をかいております。水分補給は欠かせません!みなさん、
ご自愛下さい

では、今週のワインです!

IMG_0127.jpg
05 Chambertin Rossignol Trapet
    05 シャンベルタン ロシニョール・トラペ
はい、ロシニョール・トラぺですね〜ファースト・ヴィンテージは1990年と比較的最近です。なぜかと
言うと16世紀からジュヴレ・シャンベルタンでワイン造りに携わる名門トラペ家には、当時2人の子供
がおり、当主ルイ氏は均等に畑を相続させました。長男はジャン・ルイ・トラペを、ロシニョール家に
嫁いだマドノは夫ジャック氏と共にロシニョール・トラペを設立、というブルゴーニュではよくある話
です。彼らは「土を保つ、傷つけないこと」を目標にいち早くビオディナミを導入。「農民の責任として
何百年後の子孫に生きた状態の土地を伝えていくのが大事だと思う」とも。カッコイイですね〜目先の
利益や名声なんて要らない、数百年後を見据えた思想!男ですね〜素晴らしい!そんな思いが
詰まった05シャンベルタン、そろそろ飲み頃でしょう!

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

00 Musigny Comte Georges de Vogue 00 ミュジニー コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ (^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
ここ一週間、涼しかったり、森保が監督になったり、台風が来たり、暑くなったり、前敦が結婚したり、
目まぐるしい日々でしたが、体調は大丈夫でしたか?崩されている方、ご自愛下さい

ではでは、今週のワイン、Here we go

IMG_0120.jpg
00 Musigny Comte Georges de Vogue
00 ミュジニー コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ

はい、何度かご紹介しております、ヴォギュエのミュジニーです!コート・ドールには沢山の
グランクリュが存在しますが、赤の最高峰と言えば、シャンベルタン、ラ・ターシュ、ロマネ・コンティ
とこの、ミュジニーだと思います、完全なる私見ですが。その中で、特にこのミュジニーは土壌の影響
でなかなか開いてはくれません。タンニンではなく、非常にミネラリーな風味が若いうちは支配して
います。こちらは18年に熟成ですので、そろそろ飲み頃でしょう!

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする