2016年08月10日

81Ch.Mouton Rothchild 81シャトー・ムートン・ロートシルト(^^)/

ど〜したっ手倉森ジャパン、一分け一敗! 
オリンピック、盛り上がってますかぁ〜?

ささ、今週のワインです。

160804_104444.jpg
81Ch.Mouton Rothchild
 81シャトー・ムートン・ロートシルト


たまにはボルドーということでCh.ムートンです。いわゆる5大シャトーの1つですが、1972年までは
2級だった事は有名ですね!この昇格に尽力したのが当時の当主、バロン・フィリップ・ド・ロートシルト
です。彼の偉業の中で一番なのは、やはりシャトー元詰め運動でしょう。1920年代前半までボルドー
ワインの流通はネゴシアンに支配されていました。各シャトーはワインを樽ごとネゴシアンに売却、
ネゴスが瓶詰という訳です。そうするとネゴスによって品質にムラがあったり、明らかに違うワインで
水増したモノが流通したりと、生産者にとって良からぬ時代だったのです。これに立ちはだかった
のが、バロン・フィリップ。1924年ヴィンテージよりシャトー元詰めを開始すると共に、1級シャトーを
説得して回りマルゴー以外の3シャトーの同意を得ます(当時マルゴーは大手ネゴシアン、ジネステ社
だったため、同意しませんでした)。Mise en Bouteilles au Chateauという一文はムートンが
オリジナルだったのですね!毎年エチケットが変わるムートンですが、81年はArmanアルマンが手掛
けていて、叩き割られたヴァイオリンが印象的です!

いかがでしょう、Ch.ムートン。ぜひご来店お待ちしております(^^)/

http://www.restaurant-anu.com/jp/index.html


posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。