2017年02月15日

Montrahet モンラシェ(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
実はこの私のブログ、約4年前から地道に続けてきたのですが、やっと料理カテゴリーのエントリーを
越しました!これも偏にワタクシ自身の努力の賜物だと思って
います(爆) 

今日も真っ昼間からバーボンらっぱ飲みしながら、トム・ウエイツを聞きながら書きたいと思います。

さて、いつまで続くか?(笑) 今週のワイン!

170203_221116.jpg
06 Montrachet Louis Latour 
 06 モンラシェ ルイ・ラトゥール

はい、ルイ・ラトゥールのモンラシェですね〜今回は世界最高峰の白ワインと言われる、モンラシェ
について書きたいと思います。ご存知ピュリニーとシャサーニュまたがるグランクリュ。歴史的には、
11世紀頃、ベネディクト派のメジエール修道院が葡萄を作っていたとされます。特筆すべきはその
土壌。ジュラ紀バトニアンで生産者曰く「一番簡単な畑。雨が多ければ排水し、少なければ保湿して
くれる。適度にストレスがありつつ、過度にならない。病気にもならないし、樹勢も適度に制限して
くれる。毎年熟すし、酸がある。畑が勝手に良い葡萄を作るから、人間は仕事をあまりしなくていい」
何でしょう、この自動システム
所有者は貴族が多く、ネゴシアンに売却してしまうのでネゴス物が多く、このルイ・ラトゥールも
そうです。ネゴスと軽く見なれがちですが、貴族が所有している畑だけあって優れたロケーション
にあり、出来る葡萄は最高峰の名に相応しいものです。06は赤は残念な年ですが、白は素晴らしい
年となっております。11年経っていますのでそろそろ飲み頃でしょう。

いかがですか、モンラシェ?一度は飲むべきワインですよね〜
ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 11:32| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする