2017年08月16日

06 Puligny-Montrachet Pucelle Paul Pernot 06 ピュリニー・モンラシェ ピュセル ポール・ペルノー(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。最近、夏風邪をひいてしまい、よりダンディーな低音ボイス
でサーヴィスしています、スイマセン みなさん、ご自愛下さい。

さて今週のワイン、Here we go!

170810_105422.jpg
06 Puligny-Montrachet Pucelle
Paul Pernot
06 ピュリニー・モンラシェ ピュセル
ポール・ペルノー

はい、何度かご紹介しているポール・ペルノー、皆月が見つけたら必ず仕入れる生産者です!そこ
まで弩メジャーな造り手ではないのですが、クオリティーはバッチリです!リーズナブル
ですしね。そして特筆すべきは、一級畑ピュセル!個人的にはNo.1プルミエクリュ、いえグランクリュと
肩を並べる存在だと思います。ルフレーヴで有名ですが、ペルノーも負けてません!そして
リーズナブル!

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

03 Chambolle-Musigny Les Amoureuses Robert Groffier 03 シャンボール・ミュジニー レ・ザムルーズ ロベール・グロフィエ(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
みなさん、台風大丈夫でしたか?都内では夕方に激しく降ったりやんだりしてましたが、
何とか無事に帰れました。東北地方の方、お気を付けて下さい。

それでは、今週のワイン!

170805_103404.jpg
03 Chambolle-Musigny
Les Amoureuses     Robert Groffier
03 シャンボール・ミュジニー
レ・ザムルーズ        ロベール・グロフィエ

はい、グロフィエの03アムルーズです。何度かご紹介していますね〜ご存知シャンボール・ミュジニー
村には、ボンヌ・マールとミュジニーの二つのグランクリュがあるのですが、アムルーズはミュジニー
の斜面下、ヴージョ村の境にあります。ですので、よくミュジニーに似たキャラクターと言われます。
土壌の母岩がジュラ紀中期のバトニアン期の石灰岩と一緒で、共に表土が薄い為ミネラリーで
エレガントなワインが産まれます。熟成に時間が掛かると言われますが、14年経ってますのでそろ
そろ飲み頃でしょう!

いかがでしょう、アムルーズ?
ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

Jacques selosse ジャック・セロス(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。

シャンパーニュ、冷えてます。

え”〜今週のワインです( 汗)

170726_111246.jpg
Jacques selosse
      ジャック・セロス

右より、
Exquise エクスキーズ
Substance シュブスタンス

はい、奇才アンセルム・セロス率いるシャンパーニュ・メゾンですね〜右のエクスキーズは、レストラン
からの要望を受けて造り出したセック(Sec)です。セックとはシャンパーニュのドライ具合を示すもので
やや甘口を指します。ですのでドサージュは他と比べるとやや多め、甘美な味わいです。

左のシュブスタンスの意味は「本質」。ソレラシステムを採用したシャンパーニュで、収穫の翌年、通常
の小樽から4,000Lの大きな木樽に澱と共に移され、次の年には澱を取り除いて4,300Lのステン
レスタンクに移動。そこから毎年、全体の22%をボトリングする為、減った分を大樽から移し、更に
大樽の減少分を小樽から移す、というシステムです。最も古いモノは1984年収穫のワインが入って
いるそう。セロス曰く、味を均一化する為ではなく「ヴィンテージの差を超えたところにテロワール
が見える」。セロスらしいですね〜

真夏の熱い日差しから解放されての、冷えたシャンパーニュで乾杯、最高ですよね!
ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

06 Montrachet Louis Latour 06 モンラシェ ルイ・ラトゥール(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。毎日暑いですね〜食欲落ちてませんか?
どうしても冷ややかモノが欲しくなりますよね〜
今週はパンチの効いた、冷ややかなワイン!

170720_110854.jpg
06 Montrachet Louis Latour
  06 モンラシェ ルイ・ラトゥール

はい、今年のアタマにもご紹介した、ルイ・ラトゥールのモンラシェ、白ワインの最高峰ですね!
ご存知ルイ・ラトゥールはドメーヌ部門とネゴシアン部門と両方ありますが、こちらはネゴスとなります。
一つの畑に多数の所有者がいるのが当たり前のブルゴーニュですが、モンラシェには20名弱の
オーナーがいます。最大面積所有者の上位のほとんどが貴族で、彼らはワインを生産していません。
このルイ・ラトゥールのようなネゴシアンに、ブドウ、マスト(ぶどうジュース)、ワインのいずれかの
段階で売却してしまいます。流石貴族の所有地は好立地なロケーションなので、そのブドウを使った
ネゴシアン物のワインは当たり前ですが高品質!決して侮れません  それにドメーヌ物に比べて
リーズナブル!庶民の味方!(それでも高いですケド...)

いかがですか、ルイ・ラトゥール?モンラシェ未経験の方にもゼヒ!
ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

13 Meursault Clos de la Barre Comtes Lafon 13 ムルソー クロ・ド・ラ・バール コント・ラフォン(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
日々、暑っついですね〜エアコン嫌いの皆月も流石にスイッチオンの毎晩です。
設定は28°、これ以上低いと寒くて起きちゃうんですよね〜困ったもんだ 
みなさん、健康第一です 

では、今週のワイン!

170713_171338.jpg
13 Meursault Clos de la Barre
                 Comtes Lafon
13 ムルソー クロ・ド・ラ・バール 
                 コント・ラフォン
はい、久々のラフォンですね!クロ・ド・ラ・バールはプルミエクリュと思われている方がいらっしゃる
かも知れませんが、実はラフォン家の裏庭に広がる村名ワインです(勿論モノポール)。  比較的平坦
な畑であるにも関わらず、驚くほどミネラルにあふれるワインが生まれますが、その理由は表土が
浅く、硬い石灰質の層が近いとのこと。しかも一部は、1950年に植えた古木らしいです。クオリティは
みなさんご存知の通り、村名レベルではありません、遥かに凌駕しています!13年と比較的最近の
ヴィンテージですので、もうちょっと寝かしたいですね〜勿論飲み頃のラフォンもありますよ〜

ぜひご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

09 Romanee Saint-Vivant Jean-Jacques Confuron 09 ロマネ・サン・ヴィヴァン ジャン・ジャック・コンフュロン(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
小池都民ファースト、圧勝でしたね〜(たまにの政治ネタ…  )
さて、豊洲、オリンピック、さらに安倍政権、どうなるでしょう?楽しみですね!

では、今週のワイン、行ってみよう〜

170705_143339.jpg
09 Romanee Saint-Vivant
            Jean-Jacques Confuron
09 ロマネ・サン・ヴィヴァン 
            ジャン・ジャック・コンフュロン

はい、ロマネ・サン・ヴィヴァンです!ジャン・ジャック・コンフュロンはプレモー・プリセに拠点を置く
ドメーヌ。ジャン・ジャックの妻がシャルル・ノエラの孫娘にあたり、そのブドウ畑を相続しました。現在、
このドメーヌを率いるのはジャン・ジャックの娘のソフィーと婿養子アラン・ムニエ。ちなみに同じくコン
フュロン姓を名乗る、コンフュロン・コトティドのジャッキーとジャン・ジャックは兄弟、ややこし〜
ですな〜  さらにややこしい歴史を遡ると、1791年よりマレイ・モンジュ家に所有され続け
たロマネ・サン・ヴィヴァンですが、1898年にクロ・ド・キャトル・ジュルノーの区画をルイ・ラトゥール
に売却。1920年には北側の約1.97haの区画をドメーヌ・シャルル・ノエラに売却。残りの区画
(5.28ha)は1966年にDRCに貸し出されました。シャルル・ノエラには3人の孫がおり、1978年
ノエラ家の畑が相続された際、長女オディール・ノエラはアラン・ユドロと結婚して、ヴージョの
ドメーヌ・ユドロ・ノエラを興していたため、ノエラ家の区画の一番南側の部分でDRCの区画に
隣接する0.48haを相続。真ん中の区画が先の理由でジャン・ジャック・コンフュロン(0.5ha)。
残りの0.99haは本家シャルル・ノエラを継いだオディール&アンドレ姉妹の従兄が、1988年に
ドメーヌ・ルロワに売却、ルロワの所有になりました。ややこしす!

他にも、DRCの買収や、マレイ・モンジュ家の滅亡、ルイ・ラトゥールの分割などエピソードは
沢山あるのですが、それはまたの機会に!

流石、ワインの銘醸地、名だたる生産者が目白押しですね〜ご存知09はビッグ・ヴィンテージ!
凝縮感がパネ〜 

ぜひご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 00:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

01Meursault Narvaux d'Auvenay 01ムルソー ナルヴォー ドーヴネイ(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。先週に齢を一つ重ねました  まあまあイイ年になっちゃいました
 特にこれまでと変化なく、ゆ〜っくりと全力で頑張りたいと思います。

さ、今週のワイン、超ド級です!

170624_105550.jpg
01Meursault Narvaux d'Auvenay
   01ムルソー ナルヴォー ドーヴネイ

はい、ドーンとドーヴネイ(...)、久しぶりの入荷ですね!もはや生ける伝説、マダム・ルロワの個人
ドメーヌです。なぜ久しぶりの入荷かというと、生産量がメチャクチャ少ないんですね。それと価格が
お高い!ちょっと古いヴィンテージですのグランクリュですと、余裕で新車の国産バイク1台
買えます  そんなドーヴネイ、ア・ニュならではの破格のお値段でオンリストしております。限定
1本ですので売り切れの際は、ご容赦をm(_ _)m

ぜひご来店お待ちしております(^^)/

posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

04 Chambertin Clos de Beze Robert Groffier 04 シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ ロベール・グロフィエ(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。梅雨の時期ですが、雨は何処に行っちゃったんでしょう?
ジメジメ嫌いな皆月ですが、水不足も困りモノですよね〜ピンポイントで、ダムのあるトコのみ
降ってくれませんかね〜

さて、今週のワイン!

170608_120908.jpg
04 Chambertin Clos de Beze
             Robert Groffier
04 シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ 
             ロベール・グロフィエ

はい、グロフィエです。ボンヌ・マールやアムルーズで有名なドメーヌですが、シャンベルタン・クロ・
ド・ベーズも造ってたんですね〜実はグロフィエ、シャンボール村ではなく、モレ・サン・ドゥニ村が
拠点なのです。つまり両サイドの村に畑を所有し、本拠地には醸造所のみという変わったドメーヌ
です。シャンベルタンと言いますと、よく「タンニンが強い」と言われますが、ボルドーのそれと比べる
と、全然ありません。どちらかと言うと「肉付きがよい」という表現がピッタリくると思います。グロフィエは果実味を重視する造り手ですので、よりジューシーなタイプですね!04はあまりイイ年ではないの
ですが、良い造り手は悪い年でも良いワインを造ります。グロフィエなら問題無いですね!

ぜひご来店お待ちしております(^^)/

posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

11 Puligny-Montrachet Les Folatieres Domaine des Lambrays 11 ピュリニー・モンラシェ レ・フォラティエール ドメーヌ・デ・ランブレー(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。

今週は前フリなしで、ワインの紹介です!

170608_120933.jpg
11 Puligny-Montrachet Les Folatieres
  Domaine des Lambrays
11 ピュリニー・モンラシェ レ・フォラティエール 
  ドメーヌ・デ・ランブレー

はい、ランブレーの白です!赤のグランクリュ、クロ・デ・ランブレーが有名ですが、白も造っていたん
ですね〜ワタクシも久々に見ました!ご存知クロ・デ・ランブレーはモレ・サン・ドニのグランクリュ。
1981年にプルミエクリュからグランクリュに格上げされた、その畑自体は1365年にまでさかのぼる
ブルゴーニュ最古の畑のひとつです。1996年以来ドイツ人のオーナーでしたが、2010年オーナー
の死去に伴い、ルイ・ヴィトン=モエ・ヘネシー(LVMH)傘下となります。このフォラティエール、
いつラインナップされたか不明ですが、遅くとも2000年位には存在していました。赤ワインの造り手の
白はどうよ?と思う方もいらっしゃると思いますが、これが、ヒジョーにイイ!  
ピュリニーらしい緊張感のあるミネラルがあり、豊かな果実味が乗っている、実にオリジナリティーの
ある味わい!他のピュリニーやシャサーニュ、ムルソーとは一線を期すそれです。樽っぽくもなく、
バターやナッツのニュアンスもない、素直に美味しい白ですね!この季節にもピッタリだと思います。

ぜひご来店お待ちしております(^^)/

posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

99 Echezeaux Rene Engel 99 エシェゾー ルネ・アンジェル(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
どうした!ハリルジャパン!
       イラクに痛恨のドロー!
え”〜、今週のワインです。

170608_120833.jpg
99 Echezeaux Rene Engel
 99 エシェゾー ルネ・アンジェル

すごぉ〜く 貴重なワインです!何故かと言いますと、もう存在していないドメーヌだからです。
ディジョン大学で醸造学科の教授を務めていたルネ・アンジェルが興した名ドメーヌだったのですが、
3代目のフィリップが2005年5月に突如他界してしまい、後継者がいなかったため売却された悲劇の
ドメーヌです(その後のエピソードはこちらを参照 http://restaurant-anu.seesaa.net/article/386431980.html)。
久しぶりの入荷ですね!お値段がべらぼうに高くなっているのは致し方無いトコロ

ぜひご来店お待ちしております(^^)/

続きを読む
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする