2017年04月27日

Trilogie トリロジー(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
今週は連休を頂いておりまして、1日遅れのブログ更新となります。
連休中は、パテシエの小野さんの影響もありまして、タイガーマスク
のLDをゲトして見まくってました(因みに二人ともリアルタイムのアラフィフです
Rock&サッカー好きの皆月ですが、プロレスも大好きですので、お好きな方是非お声掛けください!
因みに好きなレスラーは、以下筆者割愛

では、今週のレスラーワインです。

170424_170655.jpg
Trilogie トリロジー

はい、トリロジーです。あまり聞きなれない名前ですね!トリロジーというと、プログレ・ファン
にはEL&P,メタル好きにはイングヴェイ・マルムスティーンのアルバム名が思い出され
ますが、本来は三部作という意味。あのポムロールのシャトー・ル・パンのセカンド・
ワインです。若木やファーストプレスの3つのヴィンテージをブレンドして、プライベート用に
作られたのが始まりで、3つの年代をブレンドして作られたことから、その名が付けられ
ました。近年は、2つのヴィンテージ・ブレンドでリリースされていまして、こちらは05と
06のブレンドになります。ですのでNV表記ですね!えっ、味わいですか?ハイ、私も
飲んだことありません (爆) 因みにプロレスのジュニア・ヘビーの三傑というと
以下筆者割愛再び

いかがですか、トリロジー?非常にレアなワインですよっ!

ご来店お待ちしております(^^)/
続きを読む
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

02 Meursault Perrieres Comtes Lafon 02 ムルソー・ペリエール コント・ラフォン(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
ついにオープンしました!

ロムデュタン シニエ ア・ニュ
170418_222534.jpg
GINZA SIXグランドオープンしました〜という訳でア・ニュ2号店の船出です!
レセプションに来て頂いた皆様、ありがとうございました
モノ凄く混雑していたので、ご迷惑をおかけしました、すいません
ア・ニュ同様、ロムデュタン シニエ ア・ニュをよろしくお願い致します

さて、今週のワインです。

170414_103052.jpg
02 Meursault Perrieres Comtes Lafon
02 ムルソー・ペリエール コント・ラフォン

はい、コント・ラフォンのペリエールですね〜ご存知ムルソーにはグランクリュが存在しないのですが、
優秀なプルミエクリュ、シャルムやジュヌブリエール、グット・ドールなどが、幾つかあります。ですが、
筆頭はこのペリエール!みなさんはディジョン大学のラヴァル博士著書の、「コート・ドールの葡萄と
銘酒の歴史と統計」はご存知ですか?この中で博士はコート・ドールの畑を格付けしています。格付け
というと1855年のボルドーのそれが有名ですが、この著書も同じ年に発刊!そんな古い本、アテに
なるのかぁ〜?と思う方もいらっしゃるでしょうが、実はこの本、現代のAOCにも影響を与えた素晴
らしいモノなんですね〜博士はテート・ド・キュヴェ(今でいうトコのグランクリュ)をペリエールとして
います!地質学的にも博士の主張は正しいとされていて、ペリエールはジュラ紀の中期ドッガーの
バドニアン階で、これはシャンボール・ミュジニーやヴォーヌ・ロマネ、ピュリニー・モンラシェ村
のグランクリュの土壌、所謂コンブランシアン石灰岩です。ですので、博士はテート・ド・キュヴェ
としたのでしょう。何たる先見の明!

いかがですか、ムルソー・ペリエール?

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 15:18| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

06 Chateaunuf-du-Pape Pignan Ch.Rayas 06 シャトーヌフ デュ パプ ピニャン シャトー・ラヤス(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
桜の季節だっていうのに、雨降ってますね〜お花見行けましたか?
ワタクシは例年通り、帰り道の明治通りをビール片手に夜桜を楽しみました!
ん〜粋なっ!

え”〜今週のワインです。

170407_111157.jpg
06 Chateaunuf-du-Pape Pignan Ch.Rayas
06 シャトーヌフ デュ パプ ピニャン シャトー・ラヤス

はい、ラヤスですね〜ザックリと歴史を振り返りましょう!
1880年 アルベール・レイノーがシャトーを購入。元公証人からの転身でした。
1920年 息子のルイ・レイノーの力を借り瓶詰めを開始。地元をはじめ国内向けにワインを出荷する
        ようになる。
1935年   ルイは、サリアン(Sarrian)にあるドメーヌ・デ・トゥールを購入。諸々の作物の多角栽培
             に着手し、次男ベルナールに託す。
1945年 ルイは、オランジュ(Orange)の北16Kmほどの、ラガルド=パレオル(Lagarde-Pareol)
        に位置する十数ヘクタールのシャトー・ド・フォンサレットを購入。     
1978年 ルイの長男ジャック・レイノーが、シャトー・ラヤス、フォンサレットを受け継ぎドメーヌの
             運営に乗り出す。ジャックは土壌のバランスや、土壌がワインのクオリティにいかに影響を
        与えるか、大いに関心を抱いて数多くのヴィンテージを手掛けた。とりわけシャトー・ヌフ
            ・デュ・パープの土壌の特徴でもある大きな石を畑からすべて取っ払ってしまったという事は
       有名。
1997年 ジャック・レイノーが急逝。甥で、1989年以降ドメーヌ・デ・トゥールでカーヴを創設し、ワイン
             の販売を行っていた甥のエマニュエル・レイノーが受け継ぐこととなる。

このように奇才ジャック・レイノーがこのドメーヌの評価を上げたのは無論です。多くのワインライターが
彼の元を訪れ、秘訣を聞き出そうとしましたが、残念ながら記録にはありません。ちょっと、いやダイブ
変わったヒトだったようです。ジャックの秘密はエマニュエルに引き継がれ、現在に至ると…
こちらのピニャンはいわゆるセカンドラインとなります。が、セカンドと侮るなかれ、濃密な果実の凝縮
感が貴方を官能の世界に誘います。その秘密は低収穫量!ラヤスの1ヘクタールあたりの収量は15
〜20ヘクトリットル。これはブルゴーニュの特級畑に許される収量の半分。つまり、ブルゴーニュの
特級の2倍も厳しくぶどうを厳選しているんです。

いかがですか、ピニャン?本家ラヤスよりもリーズナブルなのも魅力の一つですね!
ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

2014 Armand Rousseau 2104 アルマン・ルソー (^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。

流石ハリルジャパンタイを4‐0で完封

先週のワタクシの予想通り、侍ジャパンの仇討ちをしてくれました!(←だから種目と対戦国が
違うって!)このままロシアまで突っ走って欲しいモノです

さて、今週のワインです!

170329_144430.jpg
2014 Armand Rousseau
  2104 アルマン・ルソー 

くぅ〜来ました!ルソー14年プリムール!今回は、

Chambertain  シャンベルタン
Gevrey Chambertin Cazetieres 
               ジュヴレイ・シャンベルタン カゼティエール
Gevrey Chambertin  ジュヴレイ・シャンベルタン
Clos de la Roche  クロ・ド・ラ・ロッシュ 

の4種類です。中央左のシャンベルタンは流石、王者の佇まいですね〜威厳があります。右のクロ・ド・
ラ・ロッシュのみお隣のモレ・サン・ドゥニ村になります。ルソーのワインの特徴としまして、比較的
淡い色調が挙げられます。強い抽出を行わないんですね。現当主エリック・ルソー曰く「強い抽出は
テロワールの表現を損なう」と。また早摘みで知られるルソーですが、「ブドウが良く熟していること。
熟し過ぎはいけない。ワインから飲み手が得る喜びは香りと味で、色は二の次。したがって香りと味が
ピークの時に摘み取ることが重要」だそうです。何やら哲学的ですよね〜淡い色調と言っても、味わい
やタンニンはしっかりノってますので、まだまだ飲めません(T T)しばらくの辛抱です。

飲み頃のルソーもア・ニュにはございますので、ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

10 Echezeaux Jacques Cacheux 10 エシェゾー ジャック・カシュー(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
侍Japan、負けちゃいましたね〜野球にはあんまり興味のない皆月ですが、残念です(涙)
がっ、今回のリヴェンジは侍ブルーが取ってくれるでしょう!
頼んだぞっ、ハリルジャパン!(←競技が違うって...)

テンション高めな、今週のワインです。

170323_103304.jpg
10 Echezeaux Jacques Cacheux
  10 エシェゾー ジャック・カシュー

ハイ、久々のジャック・カシューですね!それもグランクリュのエシェゾー、グレート
ヴィンテージの2010年ときたもんだぁ!(テンション高め  )
コホン、失礼しました、取り乱しました(汗)それほどレアなワインと言えるでしょう。なんたって
生産本数が少ないっ!ツートップの一角、ラ・クロワ・ラモーなんて見たことが無い!比較的小規模
な生産者ですので仕方がない現状です。ですので見かけたら即買いっ!はい、ゲットしました
スタイルとしては、新樽100%ながらも果実味溢れるタイプで、若いうちからも十分楽しめます。が、
やはり熟成したものを飲みたいですよね〜こちらは7年経ってますので、もう飲み頃か?いやいや
ガマンガマン?意見の分かれるトコロです

どうでしょう、ご自身の舌で判断されてみては?ご来店お待ちしております(^^)/
続きを読む
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

03 Grands Echezeaux Gros Frere et Soeur 03 グラン・エシェゾー グロ・フレール・エ・スール(^^)/

今日は、ソムリエ皆月です。
チャック・ベリーが亡くなりましたね〜Rock'N'Rollの神様です。
10代の時、彼の60歳バースデイ・コンサートの映画を見て以来のファンでした。
なんたってバンマスがあのキース・リチャーズでしたからね〜そりゃ見るでしょっ!
他にも、エリック・クラプトン、ロバート・クレイ、ジュリアン・レノン、リンダ・ロンシュタット、
エタ・ジェイムスが出演し、ブルース・スプリングスティーン、ロイ・オービソン、エヴァリー・
ブラザーズ、リトル・リチャード、ジェリー・リー・ルイス、ボー・ディドリーなどがコメントを
しています。見たコトない方是非ご覧ください!

では、今週のワインです!

170319_100014.jpg
03 Grands Echezeaux
           Gros Frere et Soeur
03 グラン・エシェゾー グロ・フレール・エ・スール

はい、ジャン・グロの次男、ベルナールが手掛けるグラン・エシェゾーです。子供のいなかった叔父
叔母のドメーヌを継いだのは有名なハナシですね!最新のテクノロジーが大好きで、いち早く果汁
凝縮器を導入したのもベルナール。彼のワインはその厚みのある凝縮感が特徴です。曰く「父が
造った熟成したワインを飲むと確かにタンニンは柔らかく、滑らかで、甘く、美味しいと思う。ただ
熟成したワインの独特なマッシュルームとかの香りが好きになれない。自分がベストだと思うのは、
若いワインの香りを嗅ぎながら、熟成したワインを味わうというもの」だそうです。故に柔らかく、
滑らかなワイン造りを目指しているのも納得です。

グレート・ヴィンテージの03ですが14年も経っていますのでそろそろ飲み頃でしょう!

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

03 Richeboug Mongerd-Mugneret 03 リシュブール モンジャール・ミュニュレ(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
この間連休を頂きまして、久しぶりに観ちゃいました!
m_2024f73ae8df8ac3f57b5badcf72d55f[1].jpg

「The Godfather」
1番好きな映画なんですよね〜実はDVDboxを持ってますw
1と2をハシゴしたんですが、やっぱり面白いですよね〜
先日やはりゴッドファーザーが大好きというお客様とお話をしていて、
「どのキャラが一番好き?」と聞かれたので、「性格が似ているソニーですね!」と答えたら
「私も一緒!」と意気投合された皆月でした。

さて今週のワイン!

170312_100459.jpg
03 Richeboug Mongerd-Mugneret
 03 リシュブール モンジャール・ミュニュレ

はい、ヴォーヌ・ロマネ村のグランクリュですね〜DRCが有名ですが、他にも造り手はいます。この
ミュニュレ家はルロワとジャン・グリヴォに挟まれ、道を隔てた下部斜面にはDRCという最高の立地
をわずか0.31ha所有しています。ですのであまり市場には出回らない貴重なワインですね〜
ハイ、私も初めて見ました!(爆)

ヴィンテージは非常にブドウが熟した2003!色調は濃く、香りも華やかでカシスやダークチェリー
など黒い果実を煮詰めたようなフレーヴァー。またスパイス、ヴァイオレット、チョコレートなどの
複雑な味わい、素晴らしいワインです。

いかがでしょう、リシュブール?DRCほど高価ではないのも魅力的ですね!
ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

(^^)/ 01 Chassagne Montrachet La Romanee Morey Coffinet 01 シャサーニュ・モンラシェ ラ・ロマネ モレ・コフィネ(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。

今週は前フリなしで、ワインの紹介です!

170303_181353.jpg
01 Chassagne Montrachet
 La Romanee      Morey Coffinet
01 シャサーニュ・モンラシェ
 ラ・ロマネ           モレ・コフィネ

はい、シャサーニュ・モンラシェのプルミエクリュのラ・ロマネです!畑名の由来はローマ人が開拓した
から、という由緒あるクリマ。村の南側、斜面最上部にあり、日照が良く北風の影響も少ないので、
ブドウが良く熟すといわれています。シャサーニュのプルミエクリュの最高峰とも言われていますが、
いかんせん数が少ないっ!私も見つけたら必ずゲットするワインです!モレ・コフィネは、ジャン・
マルク・モレやマルク・モレ、ミシェル・ニエロンと親戚関係にある伝統ある家系。01はもう飲み頃
でしょう!

いかがですか、モレ・コフィネ?ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

96 Pommard Les Grands Epenots Hubert de Montille 96 ポマール レ・グラン・ゼプノ ユベール・ド・モンティーユ(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
2月が終わっちゃいましたぁ〜今年はドカ雪が降らなくて良かったですね〜
早く桜の季節が待ち遠しいですね!そしてその頃にはア・ニュの銀座店がオープン予定です。
レセプションにはワタクシも参加しますので、乞うご期待です!

さて、今週のワイン、行ってみよ〜♪

170226_222928.jpg
96 Pommard Les Grands Epenots
             Hubert de Montille
96 ポマール レ・グラン・ゼプノ 
           ユベール・ド・モンティーユ

はい、たまにはコート・ド・ボーヌの赤ワインを紹介しましょう(笑)いわゆるブルゴーニュは北はシャブリ
地区から南はボージョレー地区までを含む広大な、旧ブルゴーニュ公国の領地です。ですが、一般的
にはブルゴーニュと言うとコート・ドール地区ですよね〜。そしてコート・ドールは北側のマルサネ〜
ニュイ・サン・ジョルジュまでをコート・ド・ニュイ、ラドワ・セリニー〜マランジュまでをコート・ド・ボーヌ
と分けられます。北側ニュイは赤のグランクリュの産地として、南側ボーヌは白のグランクリュの産地
として有名ですが、ボーヌにも著名な赤ワインが存在します。その代表の一つがこのポマールという
訳です。グラン・ゼプノは最上のプルミエクリュの一つで、長期の熟成を必要とする、豊かなタンニン
が特徴。ド・モンティーユ家は、ヴォルネイ村に17世紀後半のフランス革命前から居を構える旧家で
コート・ドールを代表する造り手ですね。良い事尽くしのこのワインなんと21年熟成!十分飲み頃です
ね〜ジビエと合わせても面白いと思います。


いかがですか、ポマール?ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

03 Clos des Lambrays  des Lambreays 03 クロ・デ・ランブレイ  デ・ランブレイ

こんにちは、ソムリエ皆月です。

今日は訳あって、病院を2軒ハシゴしてきました。困ったモンです、老体は...

さて、今週のワイン!

170215_104642.jpg
03 Clos des Lambrays  
            des Lambreays
03 クロ・デ・ランブレイ  デ・ランブレイ  

はい、クロ・デ・ランブレイ、モレ・サン・ドニのグランクリュですね!造り手はドメーヌ・デ・
ランブレイです。このクロ・デ・ランブレイ、モノポールと思っている方がほとんどだと思いますが、
実はもう一人造り手がいます。その名はトープノ・メルム、ご存知ですか?総面積8.84haのうち
4.3aしか所有しておらず(約0.5%)生産数はやっとの1樽、約300本です。ハイ、私も
見たコトありません(爆)クロ・デ・ランブレイ自体は1981年に昇格された
比較的若いグランクリュで、モレっぽい黒い果実とスパイスの香りや味わいが特徴です。90年代後半
からかつての名声を取り戻して来ていまして、このグレート・ヴィンテージの03は素晴らしい出来
です!以前飲んだ時は少々硬かったのですが、14年熟成ですので、そろそろ飲み頃でしょう!

いかがですか、クロ・デ・ランブレイ?
ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする