2018年11月07日

07 Auxey-Duresses d'Auvenay 07オーセイ・デュレス ドーヴネイ (^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
 白トリュフフェア  連日満席を頂いております。
ありがとうございます

今週は白トリュフに負けない個性を持つこのワイン!

securedownload.jpg
07 Auxey-Duresses d'Auvenay
07オーセイ・デュレス ドーヴネイ

はい、久々にどーん!と来ました、ドーヴネイ!かのルロワの代表・
ラルー・ビーズ・ルロワの個人所有ドメーヌです。ん、個人?ルロワは違うの?と思われた方の為に、ざっと歴史を振り返りましょう!
1868年にオークセイ・デュレスに誕生したルロワ社は畑を所有し
ない、ネゴシアン業でした。その後事業を拡大し、1942年当時経営
不振だったDRCの株主となります。1988年シャルル・ノエラを買収
し、遂にドメーヌの誕生!更に同年ドーヴネイを個人で買収。1992年
DRCの共同代表取締役をロック家に譲渡後(退任したマリーの姉が
ロック家に嫁いでいた)、現在に至る。当時は退任ではなくて解任と
言われてまして、その理由がDRCを脅かすようなワインを造り始めた
から、という噂でした。さて、真相はいかに?
で、このワイン、驚くほど高品質です!あのモンラシェを凌ぐような
凝縮感!半端ないって!
ただいまフェア中の白トリュフにも引けを取らないシロモノです!

ご来店お待ちしております (^^)/
ラベル:ワイン
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

97 Ch.Mouton Rothschild 97 シャトー・ムートン・ロートシルト(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
さぁ、始まりました、白トリュフフェア!今年は昨年と違って 良作&豊作
大きさも香りも、申し分ないシロモノです。そしてなんと何とナント、シェフ下野自らイタリア
に買い付けに行きました!現地ならではのエピソードは是非、シェフに聞いてみて下さい!

それでは、今週のワイン、行ってみよ〜

securedownload.jpg
97 Ch.Mouton Rothschild
97 シャトー・ムートン・ロートシルト

はい、ムートンですね〜毎年変わるアートラベルが有名です。97年はニキ・ド・サンファルという
フランス出身の女流画家、彫刻家の作品。彼女の特徴である、カラフルな色調やモザイク、蛇やナナ
と呼ばれる豊満な女性キャラ?がラベルを飾っています。このアートラベル、非常にコレクター心理を
揺さぶりますよね〜良いアイディアだと思います。ワタクシは収集よりも美術の方へ興味が湧きま
して、ワインを覚えながら、よく美術館に通いましたね〜。マイ・ヴィンテージの1970年、シャガールを
購入したんですが、8年前、40歳のバースデーに開けちゃいました!意外とというか、全然若かったの
後悔した残念皆月です  勿論美味しかったですよ〜

97も21年経ってますのでもうそろそろ飲み頃でしょう!

ご来店お待ちしております (^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

03 Montrachet Bouchard Pere&Fils 03 モンラシェ ブシャール ペール・エ・フィス (^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
さてさて、待望の 白トリュフフェアが  来週から始まります!
ご存知、希少&妖艶&高価な白トリュフを存分にお楽しみ頂けるフェア、約2週間限定
です!残席残り僅かですので、早めのご予約を!

そんな食材の王様に合わせたい、白ワインのご紹介です!

securedownload.jpg
    03 Montrachet
   Bouchard Pere&Fils
      03 モンラシェ
  ブシャール・ペール・エ・フィス

はい、白ワインの王様、モンラシェです!ブシャールはネゴシアンとして有名ですが、
この畑を所有していまして、ロケーションは何と、クリマのほぼ中央!
ピュリニー側の最南端、南側はかのDRC という完璧な立地!なのですが、
モンラシェを語るとき、あまりブシャールの名前を聞いたことがないと思います。なぜなら、
やはりネゴスのネガティヴなイメージのせいですかね〜没個性的な...ただ、こちらは列記と
したドメーヌものですので誤解のないように!また巨大ネゴスということで、飲んだことない
方も多いと思います。やはりワインは先入観や偏見無しで飲んでみないと分かりません
よね!


ご来店お待ちしております (^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

95 Bolliner RD 95 ボランジェ RD (^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。

22年ぶり快挙森保J、ウルグアイに4−3

ええ勿論、スケジュールやホーム&アウェイや個々のコンディション、などなどなど
色々な要素はあったと思いますが、結果は大事です! 勝ちは勝ち!

よくやった!森保Japan!

え〜と、今週のワインです...

securedownload.jpg
             95 Bolliner RD
             95 ボランジェ RD

はい、ボランジェです!ワタクシ皆月が個人的にも好きなシャンパーニュメゾンですね〜
その昔、大きなワインバーに務めていまして、そこのハウス・シャンパンがこのボランジェだった
という訳です。そう言えば、当主にも会ったよなぁ〜かれこれ20年前かぁ〜と当時を懐かしむ
皆月です。英国王室御用達で、オーク樽での発酵、長期熟成などが特徴ですが、この“RD”
とは???これはRecemment Degorge(レサマン・デゴルジェ)の略で「ごく最近澱抜きを行った」
という意味。澱と一緒に熟成させる事で、独特の酸化熟成の香りと味わいを持つ、唯一無二の
シャンパーニュ。これから始まる白トリュフ・フェアにも相性抜群ですね!

ご来店お待ちしております (^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

05 Amour de Deutz 05 アムール・ド・ドゥーツ(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
ボチボチボチ秋の味覚が入荷してまいりました。お馴染みの芽蓮根や、天然茸、秋刀魚、秋トリュフ、
などなどなど。そして、待望の 白トリュフ  も入り始めています。恒例のフェアは10月28日
からですが、トッピングという形でご提供可能ですので、ご興味のある方はゼヒゼヒゼヒ!

ではではでは、今週のワインですなぁ〜

securedownload.jpg
05 Amour de Deutz
   05 アムール・ド・ドゥーツ

はい、有名メゾンながら、なかなかなか飲む機会がないドゥーツのブラン・ド・ブラン
です。みなさん、ないでしょう?はい、ワタクシもです(爆)!なんてウソウソウソ
非常にクリーミー且つ繊細な泡立ちと、凛とした酸が特徴です。これから始まる白トリュフ
のお皿にもピッタリですね〜

ご来店お待ちしておりますますます (^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

Otis Rush オーティス・ラッシュ (T T)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
オーティス・ラッシュが亡くなりましたね...シカゴブルース界最後の大物だったんですが...
下の画像はコブラ・レーベルのベスト盤みたいなモノで、彼の代表曲が満載です。流石にリアルタイム
で(1950年代)で聞いていた訳ではなく(笑)、10代後半の頃入手し、よく聞いていました。ラッシュと
言えば、エリック・クラプトンのブルースブレイカーズ時代のカヴァーが有名ですが、やっぱりレッド・
ツェッペリンですよね〜あと当時、フリーというバンドにどっぷり浸かってましたので、ポール・
コソフ好きには避けては通れない存在でした。スクイーズ・ギタリストと言いまして、チョーキングした
時のヴィブラートが独特です。クラプトンもコソフもそうですよね〜ブルースマンと言えば、ギターばかり
注目されますが、表情豊かなヴォーカルも素晴らしいの一言です。是非聞いてみて下さい

emihime_aslan-img1200x1200-1520942006nvqpbx22387.jpg

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

05 Bonnes Mares Louis Jadot 05 ボンヌ マール ルイ・ジャド (^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
急に肌寒くなってきましたね〜体調崩されてませんか?
秋の味覚もそろそろ出始めですね〜フレンチ業界では一番活気づく季節です!

それでは、今週のワイン!

securedownload.jpg
05 Bonnes Mares Louis Jadot
 05 ボンヌ マール ルイ・ジャド

はい、ジャドですね〜ネゴシアンとして有名ですが、自社畑も持っています。
それがこのボンヌ・マール。1985年にクレール・ダユから入手しております。
ロケーションはモレ・サン・ドニ側がほとんど。ダユ時代からの古木も残って
いますので、その凝縮感は圧倒的!ネゴシアンと舐めてはいけません(笑)
も〜ぼちぼち飲み頃に入ったでしょう。

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

13 Montrachet Ramonet 13 モンラシェ ラモネ (^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
ナイス森保ジャパン格上コスタリカに3-0

ハイ、ワールドカップが終わっても、サッカーネタは続きます(爆)4年後はカタールですね!
(早っ!) まだまだお付き合いお願いします

では、今週のワイン、いくでぇ〜!

securedownload.jpg
13 Montrachet Ramonet
    13 モンラシェ ラモネ

白ワインの巨匠の一つ、ラモネですね〜シャッサーニュ・モンラシェで有名なドメーヌ
ですが、意外とこの畑はピュリニー側にあります。あ、そうそう、このグランクリュは
ピュリニー・モンラシェとシャッサーニュ・モンラシェの両村にまたがって存在していて、
消費者に取っては、ちょっとややこしいですなぁ〜。AOC法では定められていないのですが、
シャッサーニュ側のモンラシェには定冠詞の “Le” がつけられるのが習慣?風習?仕来り?
ですのでこのワインには “Le” がついておりません。ちなみに あのDRCの畑は
シャッサーニュ側なのですが、“Le” はついてませぬ。 なぜ なぜ なぜ?
ルフレーヴもです。 どして どして どして?
そのあたりのアバウトさがフランスっぽいですね〜
このラモネ渾身のモンラシェは年間100ケース程の超レアワイン!なかなか見つかりません!13年と
まだまだ若いですが、5年経ちましたので満を持してのオンリストです!

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

02 salon 02 サロン (^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
スイマセン、約2週間振りのブログです。その間、1週間ほどの夏休みを頂いていたのですが、
まさかの謎の発熱&体調不良で40℃の高熱が続き、夏休みほぼ
寝ていた皆月でした

オ、オレの夏休みを返してくれ〜 w|;゚ロ゚|w

え”〜、久々の今週のワインです!

IMG_0172.jpg
 02 salon 02 サロン

はい、サロンですね〜ちょっと古めの02になります。ご存知、単一クリュ、単一品種、
単一ヴィンテージという、稀な存在。マロラクティック発酵をあえて避け、10年以上の
瓶熟を経てリリースされるがさらなる熟成も可能で、その香りはヘーゼルナッツやブリオッシュ。
その為樽で醸造していたと思われる方もいるが、実はステンレスだったりと、とにかくユニーク、
唯一無二の存在です。おかげで、最近価格も上昇 めったにお目に掛けなくなりました。
そんなサロンが限定2本ほど入荷です。

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

04 Richebourg Jean Grivot 04 リシュブール ジャン・グリヴォ (^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
お盆真っ只中ですが、いかがお過ごしですか?帰省中?海外?Uターン中?引きこもり?
あ、それはワタクシですね(笑)暑い日々が続いておりますので、体調管理には十分お気お付け
下さい

それでは、今週のワインです!

IMG_0128.jpg
04 Richebourg Jean Grivot
    04 リシュブール ジャン・グリヴォ

はい、何度かご紹介してます、グリヴォです。特級畑リシュブールは、1984年に先代ジャン・グリヴォ
が手に入れたドメーヌのフラッグシップワインで、所有する僅か0.32ヘクタールの畑は、由緒ある
小区画レ・リシュブールの中央・最上部という優良区画にあり、しかも植えられている葡萄の平均樹齢
は70年以上にもなる古樹(ヴィエイユ・ヴィーニュ)です。 モノポールの畑を除いて、ヴォーヌ・ロマネ
のグラン・クリュの中でも最上級の畑と称えられるリシュブールの、パワフルかつ複雑なテロワールを
存分に表現しています。以前にも書きましたが、87〜91年のアッカドの暗黒期(と言っていいでしょう)
を経て、新たな魅力を発揮したグリヴォ。04はオフ・ヴィンテージですが、それこそドメーヌの底力が
顕著に出るワインですね!

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする