2018年05月10日

96 Chambertin Henri Rebourseau 96 シャンベルタン アンリ・ルブルソー(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでした?ア・ニュは安定の通常営業でした
休みボケしてませんか?あぁ、羨ましい!

さて、今週のワイン!

securedownload.jpg
96 Chambertin Henri Rebourseau
96 シャンベルタン アンリ・ルブルソー


はい、シャンベルタンですね〜かのナポレオンが愛飲した、よくワインの王様と評されるワインです。
ブルゴーニュの北、ジュヴレ・シャンベルタン村の9つあるグラン・クリュの最高峰の一つ。ちょっと
分かりずらいのが、もう一つの最高峰、隣り合うシャンベルタン・クロ・ド・ベーズはシャンベルタンを
名乗れ、両者をブレンドしてもシャンベルタン。完全に???ですね〜ルブルソーは19世紀から続く
名門ドメーヌ。現当主のジャンはジュヴレ・シャンベルタン村の栽培組合長。なんとシャンベルタンと
クロ・ド・ベーズのブドウをブレンドしています。ここは意見の分かれるトコなのですが、先ずは飲んで
みないと分かりませんよね〜生産者のポリシーやプライドより、消費者の満足度でしょうか?こちらは
96ですので、22年熟成、もうとっくに飲み頃でしょう。お値段も大御所よりはお手軽ですので、是非
お試しください!

ご来店お待ちしております(^^)/



posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

02 La Grande Rue Francois Lamarche 02 ラ・グランド・リュ フランソワ・ラマルシュ(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
GW真っ只中ですが、いかがお過ごしですか?9連休なんて方もいらっしゃるそうで...あぁ、羨ましい、
あぁ、羨ましい!
ア・ニュは通常営業の火曜日定休です。時間を持て余している方、美味しい
モノが食べたい方、是非お待ちしております

それでは、今週のワイン、行ってみよ〜がど〜
IMG_0057-23848-thumbnail2[1].jpg
02 La Grande Rue Francois Lamarche
02 ラ・グランド・リュ フランソワ・ラマルシュ


ハイ、ヴォーヌ・ロマネ村のグランクリュですね〜ロケーションはかのロマネ・コンティと先週
ご紹介したラ・ターシュの間!モノ凄い場所ですね〜が、なんと、グラン・クリュになったのは
1992年と割と最近です(それまではプルミエ・クリュ)。よくある話なのですが、当時のラマルシュ家が
グラン・クリュ申請時の出費や昇格後の重課税を嫌ったと言われています。02はご存知グレート・
ヴィンテージ!16年前ですので、すでに飲み頃でしょう。

只今ご提供しています、赤牛や仔羊に合わせるのも面白いでしょう

ご来店お待ちしております(^^)/







posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

09 La Tache Domaine de la Romanee Conti 09 ラ ターシュ ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。

今週は、前フリなしでワインの紹介です

IMG_0068.jpg
09 La Tache Domaine de la Romanee Conti
09 ラ ターシュ ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ


来ました、DRC!季節外れのバックヴィンテージ入荷です!今回はラ・ターシュの09!
非常にイイ年ですね〜ご存知ラ・ターシュはヴォーヌ・ロマネ村のグランクリュ。良い年には
あのロマネ・コンティをも凌駕するとも言われています。飲み頃を見極めるのは非常に難しい
ですが、9年経ってますのでボチボチいい感じになっていると思われます

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

Armand Rousseau Pere & Fils ドメーヌ・アルマン・ルソー・ペール・エ・フィス(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。毎日暑かったり、寒かったり、ラジバンダリ、大変ですね〜
4月上旬に来店した海外のお客様が口々に「東京の桜を楽しみに来たが、既に散っていて残念
だった」と仰っていました。確かにそうですね〜 秋同様、春も短くなって来ている気がします。
みなさん、寒暖差に気を付けて、ご自愛ください

さて、春の訪れを告げるプリムール・ワイン、Here we go!

securedownload.jpg
Domaine Armand Rousseau Pere & Fils
ドメーヌ・アルマン・ルソー・ペール・エ・フィス

来ました!ルソー!
全て2015年となります。ブルゴーニュ好きには、避けて通れない村ジュヴレイ・シャンベルタン!
その代表ドメーヌのアルマン・ルソー!ちょっと前に中央のシャンベルタンのみご紹介しましたが、今回
は全てのグランクリュの入荷です。流石のラインアップですね〜風格を感じます。15年は生産者に
よるとグレート・ヴィンテージとの事。お値段もグレートです 勿論飲めませんが、そろそろ飲み頃のルソーありますよ〜

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

Lucien Le Moine ルシアン ル モワンヌ(^^)/

大丈夫か?日本サッカー!W杯直前の監督解任!

こんにちは、ソムリエ皆月です!ちょっと寝耳にミミズでしたね〜戦術的にあまり評判が良くなかった
のは事実ですが、時期が時期だけにね〜まぁ、どう立て直すのか見届けたいと思います。

それでは、今週のワイン!

IMG_0052.jpg
Lucien Le Moine
   ルシアン ル モワンヌ

あまり聞いたことない造り手かも知れません。それもそのはず、こちらはドメーヌではなくネゴシアン
となります。そう、ブドウ畑を持ってないんですね〜グラン・クリュやプルミエ・クリュのブドウを
買い付けて仕込み、数量の少ない良質なワインを産み出す、ミクロ・ネゴシアンです。今回は

Bonnes Mares ボンヌ・マール
Echezeaux エシェゾー
Corton Charlemagne コルトン・シャルルマーニュ


の3種、全て2015年です。今回入荷しませんでしたが、モンラシェ、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ、
リシュブールなんかも造ってたりします。スゴイですよね〜錚々たるラインナップ!そこで皆月は疑問を
持ちました「ブルゴーニュの人々は閉鎖的で、特に外国人には興味も持たない。ルシアンの当主は
イスラエル人のハズ。どうやってコネクションをつけたんだろう?」その疑問を、長年ブルゴーニュに
住んでいた知人にぶつけると、「これよ、これ!」と右手の親指と人差し指で輪っかを造りました。
なーるほど!意外とシンプルな答えでしたとさ、ちゃんちゃん!

2015年はグレート・ヴィンテージといわれています。飲みにはまだまだですが、熟成したルシアン・ル・
モワンヌもご用意ございます。ゼヒ、ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

Domaine Gros Frere et Soeur ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スール(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。めっきり春を通り越して夏ですね〜 日差しが暑いです。
桜の開花も早まって、最近はお花見が3月が当たり前ですよね?昔は花見=4月だったのですが...

さてさて、今週のワイン、Here we go!

IMG_0021.jpg
Domaine Gros Frere et Soeur
ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スール


ヴォーヌ・ロマネの名門、グロ・ファミリーですね!今回は、

02 Richebourg リシュブール
03 Grands Echezeaux グラン・エシェゾー
09 Echezeaux エシェゾー

の入荷です。いずれもグラン・クリュ、グッド・ヴィンテージ!グロ・フレール・エ・スールはジャン・グロ
の次男、ベルナールが当主で、長兄ミッシェルとは違い濃ゆい抽出が特徴です。色調も濃く、スパイ
シーな香りと味わい。果実の凝縮感が素晴らしい!よくヘビー級なワインと言われますが、まさにその
通りだと思います。ベルナール本人は「10年以内に飲んで欲しい」と言っているので、そろそろ飲み頃
でしょう!

最近春らしく、仔羊のローストを提供しているのですが、全然クセがないのでグロにピッタリです!
ご来店お待ちしております(^^)/

posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

15 Chambertin Armand Rousseau 15 シャンベルタン アルマン・ルソー(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
都内では桜がイイ感じですね〜 店の近くの明治通りが桜並木になってまして、帰り道に缶ビール
片手に花見をするのが、この季節の習慣となっています。まぁ、違う季節でも飲みながら帰って
いるんですけどね

では、毎年この季節に登場するワインのご紹介です。

IMG_0048.jpg
15 Chambertin Armand Rousseau
15 シャンベルタン アルマン・ルソー

はい、ルソーのシャンベルタンです。流石の風格、王様の佇まいですね〜
よくシャンベルタンは、男性的、硬質なテクスチャーなどと言われますが、ルソーは意外と早摘み、
そして色調はこれまた意外と淡い、と意外だらけです。これは無理に濃いワインを造る意志はなく、
香りと味わいを重視し、過熟を避けるルソーの哲学ですね〜DRCやCh.ペトリュスみたいに、若い
うちに飲むとこれまた意外と素っ気ない、シンプルな味わいですが、熟成を重ねると非常に複雑味が
表れます。グレートヴィンテージと言われるこの2015年が飲み頃になるのは...15、20年後位
でしょうか?果たして、ワタクシは生きているのか?(笑)

ご来店お待ちしております(^^)/

posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

03 Savigny les Beaune Dominode Bruno Clair 03 サヴィニー・レ・ボーヌ ドミノード ブルーノ・クレール(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
先週の休日に、久しぶりに回らない寿司屋に行って来ました(ランチですが...)おススメの日本酒を
頂いたのですが、相性バッチリ!ワタクシも古い人間なので米とワインを合わせるのに抵抗があり
まして、やっぱり寿司には日本酒だな〜と再確認した皆月です(4合も飲んじゃいました

さて、今週の日本酒 ワイン、行ってみよ〜

IMG_0008.jpg
03 Savigny les Beaune Dominode Bruno Clair
03 サヴィニー・レ・ボーヌ ドミノード ブルーノ・クレール


はい、ブルーノ・クレールです。シャンベルタン・クロ・ド・ベーズや、マルサネのロゼが有名ですね〜
20年前、初めてマルサネ・ロゼを飲んだ時、その美味しさに感動したものです。意外とサヴィニーを
造っていることを知らない方も多いんじゃないでしょうか?サヴィニー・レ・ボーヌはボーヌの北西に
位置し、どちらかというと淡い色調の軽めのフルーティーな赤ワインと、そこまでミネラリーでない
果実味豊かな白ワインを産出します。グランクリュを有してないので、あまり知られていないかも
しれません。
このワイン、ムチャクチャ美味しいんです!何故かといいますと、畑の60%が1902年に植えられ
た古木から出来ているんですね〜ですので樹齢100年オーバー!香り、色調、味わい、全てに果実の
凝縮感がハンパないです!そしてなによりリーズナブル!

そろそろ春の食材が色々出始めて来ています。ホワイトアスパラ、美味しいですよね〜
ご来店お待ちしております(^^)/

posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

Vosne Romanee Clos des Reas Michei Gros ヴォーヌ・ロマネ クロ・デ・レア ミッシェル・グロ(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
先週スマホデビューを書いたら、結構な反響を頂きまして、その大半が
ガラケーだった ? 」という、お言葉でした
まだまだ未熟者ですが、いずれはこのブログもスマホでアップしたいですね〜(未だにPCですぅ )

さてさて、今週のワインです!

IMG_0018.jpg
Vosne Romanee Clos des Reas Michei Gros
ヴォーヌ・ロマネ クロ・デ・レア ミッシェル・グロ


はい、クロ・デ・レア ですね〜グロ家の単独所有(モノポール)となっております。ワタクシのような
古い人間(...)は、父上のジャンの方が馴染みが深いですが、ミッシェルの代になって20年以上
経つのですね〜(遠い目)。グロ家は1830年代から続くヴォーヌ・ロマネを代表するドメーヌ。
クロ・デ・レアはプルミエクリュを代表する至宝です!2000年と2010年、いずれもグレート・
ヴィンテージ。18年、8年熟成、どちらを選ぶかは、貴方のお好みで!

ご来店お待ちしております(^^)/

posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

Jacques Selosse Version Originale ジャック・セロス ヴェルシオン・オリジナル(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
何と、ワタクシ、スマフォデビューをいたしました!
ずっとガラケーを使っていたのですが、ガラケー版のラインアプリが終了してしまうので、今回の
機種変となりました。個人的にはガラケーで十分なんですけどね〜業務連絡をラインで行うので
致し方ありませんでした。操作方法はまだチンプンカンプンのアナログ皆月です

さっ、今週のワイン、Here wa go!

180228_140733.jpg
Jacques Selosse Version Originale
  ジャック・セロス ヴェルシオン・オリジナル

はい、鬼才アンセルム・セロスのヴァージョン・オリジナルですね!ドサージュ(補糖)無しのエクストラ・ブリュットのシャルドネ100%、所謂ブラン・ド・ブランです。勿論ソレラシステムなんて未使用です。
全くの  の状態ですね!なのでオリジナル・ヴァージョン。セロス、分かりやすいですね〜

ご来店お待ちしております(^^)/

posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする