2017年11月08日

06 Meursault J.F.Coche-Dury 06 ムルソー J.F.コシュ・デュリ

こんにちは、ソムリエ皆月です。
昨日は訳あって、病院を3軒ハシゴしてきました
老体は困ったモンです。みなさん、ご自愛ください。

さて今週のワイン!

171029_103351.jpg
06 Meursault  J.F.Coche-Dury
  06 ムルソー J.F.コシュ・デュリ

はい、コシュ・デュリですね〜白ワイントップメイカーの一つです!歴史は意外と古くなく、
1925年創立と100年経ってません。ジャン・フランソワ・コシュは72年頃からドメーヌを
引き継ぎ、奥さんの姓のデュリをつなげて、トップドメーヌに駆け上がります。生産量も少なく
殆ど国内の3つ星レストランに卸されてしまうので、超レア・ワインです。1級筆頭畑ペリエールや
グランクリュ、コルトン・シャルルマーニュも造っているのですが、ハイ、ワタクシも
見た事ありません
そんなコシュ・デュリ、村名ですが限定1本で優良年06入荷しました

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 11:52| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

01 Chambolle-Musigny les Amoureuses Comte Georges de Vogue 01 シャンボール・ミュジニー レ ザムルーズ コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ

こんにちは、ソムリエ皆月です。
今年も 白トリュフ祭り、終了しました!ご来店いただいたお客様、
ありがとうございました  今年は収穫量が少なく、かなり高価(!!)でしたが、無事
ご提供出来ました!来年もよろしくお願いします!

さ、今週のワイン!行ってみよ〜

171026_110843.jpg
01 Chambolle-Musigny les Amoureuses
                Comte Georges de Vogue
01 シャンボール・ミュジニー  レ・ザムルーズ
                   コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ

はい、大人気のアペラシオン&畑&造り手ですね!グランクリュのボンヌ・マールより高値で流通して
いるプルミエクリュです。日本では「恋人たち」と訳されていますが、本来はles Amoureuxという
綴りなのでロマンチックな意訳ですね〜(語源は不明)。味わいは、お隣のグランクリュ、ミュジニー
同様、ミネラリー且つエレガントが特徴で飲み頃に10数年掛かると言われています。こちらは16年
経っていますので、もう飲み頃でしょう

そろそろジビエも入荷し始める時期です。羽モノに合わせるのイイですね〜

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

99 Ch.Lynch Bages 99 シャトー・ランシュ・バージュ(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
正に嵐の選挙でしたね〜みなさん、投票に行かれましたか?
何、お前は行ったのかって?はい、通常営業でした!
果たして無事に帰れるのか?  でした!

さて、今週のワイン、たまにはボルドーです!

171014_104314.jpg

99 Ch.Lynch Bages
99 シャトー・ランシュ・バージュ

はい、メドック格付第5級シャトーですが、評価は2級並みなのはみなさんご存知かと思います。
(価格もね...)オーナーはかの、ジャン・ミッシェル・カーズ氏。初期に手掛けた70年代
前半のモノはザンネンな味わいですが、後半以降近代的な設備投資の結果、素晴らしいワインを
産出して現在に至ります。スタイルを変え、より軽くエレガントの仕上げたそのワインに対し、
当時のワイン評論家は、「ヴァン・カルフォニー(カルフォルニア・ワイン)」と酷評して
いましたが、今やボルドーワイン界全体がその方に向かっています(勿論一部シャトーを除きます)。
つまりリリースしたてで、タンニンも柔らかく、凝縮感がアリ、エレガントなタイプですね。
この辺は趣向品なので意見が分かれるトコですが、個人的には古い人間なので(...)、
クラシックなタイプが好みです。みなさんはいかがですか?

段々と寒くなってきて、赤ワインの恋しい季節ですね

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

08 Richebourg Mongeard-Mugneret 08 リシュブール モンジャール・ミュニュレ(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。
なんかめっきり寒くなってきましたね〜昨年も書きましたが、秋は何処へいったのでしょう?
さて、15日よりトリュフ祭り 始まっております。
ご興味のある方はゼヒ! 

さて、今週のワイン!

171014_103938.jpg
08 Richebourg Mongeard-Mugneret
  08 リシュブール モンジャール・ミュニュレ

はい、MM(モンジャール・ミュニュレ)のリシュブールですね〜DRCが有名ですが、約10名の所有者が
います。ロケーションは、かのロマネコンティの北側!MMは17世紀から続く大
ドメーヌで、手の平のエチケットが印象的です。08はそんなに良い年ではないのですが、その分
飲み頃が早く、もう既に美味しく頂けるでしょう。味わいは果実の凝縮感はモチロン、独特のスパイ
シーさとチョコレートなどの複雑味が特徴です!今回の白トリュフ祭りのメイン、ホロホロ鶏にも
ピッタリ!白トリュフの妖艶な香りに負けない味わいですね!

白トリュフ祭り、後半にまだ若干お席ございます。

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

08 Henri Giraud Argonne 08 アンリ・ジロー アルゴンヌ

こんにちは、ソムリエ皆月です。

どうした?ハリルジャパン!
格下ハイチに痛恨のドロー!

え”〜、今週のワインです(汗)

171007_110430.jpg
08 Henri Giraud Argonne
 08 アンリ・ジロー アルゴンヌ

ハイ、久々のアンリ・ジローですね、リリースされたばかりの08アルゴンヌ!以前はFut de Chene 
フュ・ド・シェーヌという名前でした。こちらのライン・アップはコロコロ変わるのが有名で、簡単に
まとめると、

スタンダード・キュヴェの
エスプリ → エスプリ ナチュール
エスプリ ロゼ → ロゼ → 終売
エスプリ ブラン・ド・ブラン → ブラン・ド・ブラン → ブラン・ド・クレ

オマージュ・ア・フランソワ・エマール・ロゼ → 終売 → ロゼ・ダム・ジャンヌで復活!

コード・ノワール・ロゼ → 終売

フュ・ド・シェーヌ → アルゴンヌ

ややこしすっ! ですよね〜瓶の形もビミョーに変わってたりします。
このアルゴンヌの特徴は、アルゴンヌのオーク樽で一次発酵後12ヶ月熟成+8年瓶内熟成。
セパージュはピノ・ノワール75% 、シャルドネ25%。酸化熟成と樽熟のバランスが心地良く、
来週から始まる白トリュフ祭り にもピッタリです!

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 12:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

15 Domaine Leflaive 15 ドメーヌ・ルフレーヴ

こんにちは、ソムリエ皆月です。

今週は前ぶりナシで、のワイン!

170929_180844.jpg
15 Domaine Leflaive
   15 ドメーヌ・ルフレーヴ

はい、15年のプリムールで、右から
Meursault Sous Le Dos d'Ane
Puligny-Montrachet Les Pucelles
Puligny-Montrachet Les Folatieres
です。

故アンヌ・クロードの遺志を継いだのはブリス・ド・ラ・モランディエール。アンヌ・クロードの甥っ子に
当たります。おそらくですが、既に確固たる地位を築いたドメーヌですので大幅な路線変更は無いと
思われます。白ワインの最高峰の造り手ですからね〜当然ながらこの2015年、まだ飲めません
本領を発揮するのは5年後、つまり2020年位からですかね?ん〜先は長いぞっと
だがしかし、駄菓子菓子、アニュには2000年代前半からのストックがございますよ~こちらは十分
飲み頃ですね〜

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

95 Ch.Troplong Mondot 95シャトー・トロロン・モンド

こんにちは、ソムリエ皆月です。
ミサイルやら核実験やら穏やかでないですね〜主導者の舌戦も...秋田にいる友人が毎回
Jアラートで起こされる、とボヤいていました。内閣も解散するようですし、株価や為替に影響
しそうですね...さて平和な日々はいつまで?などどネガティヴに考えないで、
美味しいワインでも飲みましょ!

さ、今週のワイン!

170920_105507.jpg
95 Ch.Troplong Mondot
95シャトー・トロロン・モンド

はい、ボルドー地方サンテミリオン地区の赤ワインです!右岸好きの方はよく知ってらっしゃると思い
ます。サンテミリオンにも、左岸のメドック同様格付けがあるのですが、メドックのように1級〜5級が
存在するのではなく、プルミエ・グラン・クリュ・クラッセA、プルミエ・グラン・クリュ・クラッセB、
グラン・クリュ・クラッセ、の3等級となります。更に面白いのは10年に一度、見直しがある事です。
昇格したり降格したりするんですね〜プロのサッカークラブみたいです  当然一悶着が起きまし
て、過去に何度も裁判沙汰になってたりします  トロロン・モンドは現在プルミエ・グラン・クリュ・
クラッセB。私が駆け出しの頃は、まだグラン・クリュ・クラッセでしたが、かのミッシェル・ローランが
コンサルティングしていたのでかなり注目を浴びていたワインでした。昇格は2006年でしたので、
こちらはその当時のモノとなります。

いかがですか、トロロン・モンド?メルロー主体ですので、カベルネより、より丸く妖艶な味わいが
楽しめます。

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

13 Chassagne-Montrachet la Romanee Paul Pillot 13 シャサーニュ・モンラシェ ラ・ロマネ ポール・ピヨ

コンニチハ、ソムリエ皆月です。
あっという間の夏休みも終わり、何とか社会復帰しております 
まぁ、旅行とか遠出もしなかったので、すぐに現実に戻れました。
ががが、先週書き忘れた事が...

祝!ハリルジャパン、ロシアW杯出場決定!

ワタクシとした事が、大失態です  (ワインとカンケーないんじゃね?)
気を取り直して、今週のゴール!じゃなかった、ワインです。

170916_103153.jpg
13 Chassagne-Montrachet
                       la Romanee Paul Pillot
13 シャサーニュ・モンラシェ 
                       ラ・ロマネ ポール・ピヨ

はい、シャサーニュのラ・ロマネ、ワタクシ皆月が見つけたら必ず入手する畑の一つ。何故かというと、
知る人ぞ、知る!勿論美味しい!でもなかなか見つからない!
という三拍子が揃っているからです。ご存知シャサーニュ村は、お隣ピュリニーとムルソーと並んで
白ワインの名産地。各々キャラが違うので、お好みは分かれるトコロですが、シャサーニュの独特の
そんなに緊張感のないミネラリーさ且つムルソーとは違ったふくよかさは、ファンも多いと思います。
13年とまだ若干若いのですが、ピュリニーほど酸は有りませんので、もう飲めますね〜勿論寝かせた
方がベターでしょう!

ラ・ロマネ、美味しいですよ〜 

ご来店お待ちしております(^^)/
続きを読む
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

05 Ehezeaux Jayer-Gilles 05 エシェゾー ジャイエ・ジル

こんにちは、ソムリエ皆月です。
約1週間程、夏休みを頂いておりました、お久しぶりです
今年も充実した安定の引き籠りの1週間でした! 

それでは、久しぶりに今週のワインです。

170805_103604.jpg
05 Ehezeaux Jayer-Gilles
   05 エシェゾー ジャイエ・ジル

はい、2度目の登場ですかね〜ジャイエ・ジルのエシェゾーです。エシェゾー・デュ・ドゥスとリューディー
名がラベルに書かれているのは前回ご説明した通り、「ウチのはオリジナルの畑だよ〜」という売り
文句です。エシェゾーは、クロ・ド・ヴージョと並んで、造り手を選ばないと「え”〜これがグランクリュ?」
というワインに当たる事がありますが、こちらのワインでしたらノー問題でしょう。前当主は神様アンリ・
ジャイエの従兄にしてあのDRCのワイン造りに携わっていたロベール。そのDNAを100%引き継いだ
ジルがドメーヌを切り盛りしています。05はご存知グレート・ヴィンテージ。もうそろそろ飲み頃で
しょう。

いかがですか、ジャイエ・ジル?

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 01:50| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

83 Ch.Mouton Rothschild 83 シャトー・ムートン・ロートシルト(^^)/

こんにちは、ソムリエ皆月です。毎日梅雨のような天気ですが、いかがお過ごしですか?
お盆休みはどちらかへ、お出かけされましたか?まだまだ夏休みボケされている方、
いらっしゃると思います。ああ、うらやましい!

ででででは、今週のワイン!

170810_105400.jpg
83 Ch.Mouton Rothschild
83 シャトー・ムートン・ロートシルト

ハイ、ムートンですね〜ご存知5大シャトーの1つ、ポイヤック村の1級ワインです。
毎年変わるアートラベル、83年はソール・スタインバーグが手掛けてます。ルーマニア出身の
風刺漫画家、画家で、人間の孤独をテーマとする作品が多かったそう。このエチケットも、
おそらく海岸に独りの人物と、モロ孤独ですね〜ぽつーんみたいなw 味わいは34年も経って
いますので、だいぶタンニンも丸くなり、飲み頃でしょう。2,30年熟成しているワインって
グラスの中でドンドン変化していくのが面白い&楽しいですよね!

ご来店お待ちしております(^^)/
posted by staff at 10:00| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする